FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1月7日から始まった新年会のお誘いが昨日で終了。
8日間で6回の飲み会でさすが疲れました。
そのうち終電2回、朝帰り1回。
先生の耳に届いたら怒られるでしょうね。

飲み会に集まったメンバーに人工股関節の話をしても、ピンとこないみたい。
でも身近にお年寄りが居る人は、えっその若さで(決して若くはないのですが)置換手術?
ってびっくりされます。

「股関節に合金やセラミックを使うなんてロボットみたいだね」
とも言われ、なるほどサイボーグだなと自認しています。

骨を切って人工の異物を入れるわけですから大手術に違いありません。
人工股関節は昔からあったと伺ってますが、ここ数年の研究医療器具開発のおかげで随分と耐久性や性能も上がってきていますので、以前は考えられなかった20代の患者にも施術されてるようです。

さて、ぷ~たが入院するクリニックを紹介しましょう。
増原クリニックはJR環状線天満駅から東に徒歩10分の静かな地域にあります。

実はこのクリニックにたどり着くまで他2病院にて断られたのですが、初めて院長の増原先生に手術の承諾を頂きました。

院長の増原先生は2007年まで大阪厚生年金病院で整形外科部長として、年間200~250例の人工股関節置換手術の実績をお持ちでした。
そして独立され2008年9月に開業された、まだまだ新築の匂いがぷんぷんするとても綺麗な病院です。

ここは人工股関節に特化した病院なので一定のスケジュールがあります。
手術日は毎週月・火曜日の午前中2人づつ、計4人。
手術日からリハビリのための入院する日数は4週間です。
退院後はまた新しい患者さんが入院され、このサイクルがずっと続いていくことになります。

建物内はふらっと入ったら、病院とは感じさせない落ち着いたロビーにセンスの良いBGM(ぷ~たの行った昨年はクリスマスソングのジャズバージョンがかかっていました)が流れまるでホテルと見間違いそうです。

外来ロビーの奥にはリハビリテーションルームがあり、入院患者さんが一生懸命リハビリされてるのが見えます。
多くはぷ~たよりご年配の女性の患者さんですが、変形股関節症という病で歩けなくなり置換手術のパターンが増えているそうです。

多分ぷ~たが入院すれば最年少男性かと思われ、モテモテになるのじゃ?と期待感もあります。
その為にもリハビリを率先してみなさんの見本になれるよう頑張りたいですね。

今週の日曜日入院、来週の火曜日に手術といよいよ間近に迫り、不安と緊張が入り混じった心境のきょうこの頃です。




スポンサーサイト
2010.01.14 Thu l 入院前 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://balipara.blog69.fc2.com/tb.php/8-0d2d8eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。