FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本に一時帰国する家内に、バリで撮ったレントゲン写真を託し、クリニックに行ってもらった。
院長は写真を診て
「結構、結構、うまくいっていますよ。」

まだ筋肉が突っ張る感じがあるのは通例だそうで、問題無しとのこと。
痛み止めのお薬と、筋肉のこわばりを抑えるお薬をだしてもらった。
家内が日本からバリに普通郵便で送ると言ってたけど、果たしてきちんと着くだろうか?

クリニックではリハビリの先生や、看護師さんから
「みんなぷ~たのこと心配してたんですよ」
と、声掛けしてもらったとのこと。

スタッフのみなさん、本当にわがまま言ってごめんなさい。
次回6ヶ月検診は直接お会いし、元気な姿をお見せしますから!

バリは今月から1年で一番忙しい時期に入り、14日からは大勢のお客様が津波のように来られます。
院長の診断で安心してバリで仕事ができて、感謝!
スポンサーサイト
2010.06.09 Wed l 退院~3ヶ月 l コメント (7) トラックバック (0) l top
バリの季節は4月~10月が乾季、11月~3月の雨季と2つしかありません。
今年はどうしたことか4月になっても5月の今日現在も、日中雨の降る雨季が続いていて、異常気象でしょうか?

3月にバリに帰って、あまりに快適に歩けるものだから、宿題のリハビリをすっかり怠けていました。
身体は正直なもので、とたんに筋肉が落ち歩くのがギクシャクなって腰痛・背痛と、ベッドで横に。
これはいかんとゴムを取り出して、リハビリの再開です。
やはり以前使っていた筋肉が弱っていたのを自覚。これからはサボらずに励みましょう。

退院から3ヶ月経ったので、バリの整形のドクターにレントゲン写真を撮ってもらいました。
レントゲン室は診療所の向かいの公立病院に。

Resize of P1020537

レントゲン医はまだ若いお兄さん。
ドクターからの指示書を見ながら、横になってと指示されそうするも
体位を考え悩んでる様子。

なんとなくこの辺りでと、奥に引込みビーと音が鳴り撮影終了。
現像上がりの写真を見たら肝心な人工骨の底部で切れてました。
「もう一度ここまで写るように撮って」
とお願いし再度ビー。

あがった現像は創部は全部写ってましたが、不鮮明。
これは仕方ない事でしょう。

Resize of P1020539

これを来月日本に帰る家内に持って行ってもらい、増原院長に見てもらう予定。
こんな写真を見て笑われるだろうなきっと。

歩くのはまだギクシャクしますが、リハビリを続けてるとスムースに疲れず歩けるようになるでしょう。
2010.05.19 Wed l 退院~3ヶ月 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。