FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
きょうは日曜日でリハビリはお休み。
朝シャンプーをしてもらってすっきり。
看護師さんは美容師さんみたいに上手にシャンプーしてくれます。

足の運びもだんだんと筋力がついてきたのか、楽に松葉杖を使えるようになりました。
ベッドへの入出も手を添えなくても、足が上がるように。

創部の腫れはまだ治まらず、アイスノンで冷やしますがこれが辛い。
冷え性の人の気持ちが良く分かります。

きのうあった頭痛もきょうはなく、しかし一日だらだらとベッドで過ごしてました。
明日からはリハビリ頑張るための英気を養うため。(言い訳?)

スポンサーサイト
2010.01.25 Mon l 手術~1週間 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日も午前・午後とリハビリトレーニング。
しかし。午前のリハビリから戻った後身体がだるい。
ちょっと頑張りすぎたのか?と思いながら昼食

メニューは楽しみにしていた
煮込みハンバーグ
なのに、なかなか箸が進まない。
無理やり口に押し込む感じ。

食後横になり午後のリハビリ直前に熱を測ったら
37.6度
また発熱です。

しかしリハビリルームに行き先生にその旨話しをしたら
「無理なトレーニングはやめましょう」
とストレッチ中心のマッサージみたいなトレーニング。

リハビリが終わった後昼過ぎから頭痛がしていたのが更にひどくなり
ついに痛み止めを貰い投与。

やはり術後1週間は発熱が時折出るらしい。
次回からは無理せず、早めにお薬を飲もう。
2010.01.23 Sat l 手術~1週間 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝看護師さんにシャンプーしてもらって上もスッキリ!

きょうリハビリは手摺り(平行棒)を使って直進歩行。
意外と簡単に歩くことが出来ましたが、左右の足がぎこちない。

リハビリの先生が
「手術したほうの足が長く感じません?」
確かに今までは短く感じてた(実際3cm短かかった)ほうが逆に長く感じる。

筋肉の痩せと坐骨の位置がずれているので、これを修復してまっすぐに感じられるようリハビリが永続的に必要。

10分くらいの歩行訓練は結構効きました。
自室に帰って横になりウトウト。

夕食後きょうも発熱あるかな?と構えていましたが、熱は出ずやれやれ。
このままストップしてくれれば良いのですが。
2010.01.22 Fri l 手術~1週間 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝、血抜きのドレーンや点滴の管も抜き全くの自由に。
そしてベッドも80度傾斜まで。これでパソコンも見やすくなりました。

きょうから本格的にリハビリ開始。
きょうのメニューは両松葉で自力で3階の病室から1階のリハビリルームへ行く。(もちろん単独ではなくスタッフが横に付いて)
リハビリルームで足の開脚、お尻の上げ下げなど約40分。
痛みが全くなく不思議な感じ。

でも緊張していたのか、自室に戻った後はぐったりしちょっとうとうと。
身体に何も付いていない幸せを感受。

夕食後やはり発熱、36.9度。
解熱剤投与で汗をいっぱいかいて、暑くて堪らずエアコンをオフにしてもらいました。
夜中おしっこをしたくなり、看護婦さんに付き添ってもらいトイレに。

そして本日のサプライズ。

手術前夜以来、72時間ぶりのお通じがありました!

頭の中が清流が流れていく感じ。
朝までぐっすり気持ちよく寝られました。

2010.01.21 Thu l 手術~1週間 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨夜は熱が出て寝付けず。
そりゃそうです。今まで見たこともない異物が身体の中に侵入してきたのですから、体内のあらゆるセキュリティ部門から「やっつけろ」そして傷口には「手当てしろ」と命令を出し続けているわけですから。
考えようによればそれだけ、きちんと正常にコントロール出来ているのです。

きょうからは、ベッドが60度まで起こせるようになり、パソコンも見れるようになり嬉しいです。
昨夜寝ていないにも関わらずウトウトもなく、快適に過ごせブログのアップも。

創部の痛みはモルヒネがなくなった後も不思議と全くありません。
横向き姿勢も看護師さんの介助でできますが、そのとき一部の筋肉が突っ張る感じ。
それより憂鬱なのが腰と背中の痛みです。
全体重をこの部分で受けている訳ですから、頻繁に横向き姿勢に変えてもらいます。

ただ縫合部位からドレーンで血を出しているのですが、凄い量が出ています。
ここのクリニックは自己血採取も、輸血もしない独特な方法でオペをするので、オペ中の出血は殆どなかったそうです。
オペ後、昨日今日で1L以上もでているみたいでちょっと心配していたら、先生が夕方の回診で来られて
「いやーこんなにたくさん出る患者さん久しぶりに見た!立派・立派」
意味が分からず問い返したら、出血量は問題ではなく血液中の赤血球やその他の成分が保たれていればOKだそう。
一般的に男性は女性に比べ出血量は多いそうです。それを聞いて一安心。

昼過ぎまでは何ら問題はなかったですが、再度体温が少しづつ上がり始めてきました。
夕食は今までのような美味しさが感じられず、身体も気だるく又セキュリティが動き始めた?
8時半堪らず解熱剤投与。

すると熱の下降と共に腰や背中の痛みまでがす~っと消えて、翌朝までぐっすり眠れるようになりました。
寝る前にこっそりnintendoDSをして遊んだくらい。解熱=痛み止めなんですね。


2010.01.20 Wed l 手術~1週間 l コメント (7) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。